2012年2月10日金曜日

児玉先生の熱い怒り

きょう明日とまた、相馬、南相馬への出張である。
相馬では飯舘村の人たちだけが暮らす仮設住宅の取材。
午後は南相馬市高倉地区で除染の現状について訊く。
夜、ホテルのテレビで
児玉龍彦東大教授にインタビューした番組をみた。

この番組(「東北Z」)は、
古い仲間のアナウンサー杉尾宗紀が
福島に通い続ける児玉先生の思いを徹底して聞いたもの。
先日ぼくが作った「東北Z」、
除染と避難のはざまで」とは
云わば兄弟のような成り立ちの番組である。
ぼくはインタビューのアレンジをしただけで
直接制作には関わっていないが、
きのう字幕を入れる前の版を試写で見て大変感動した。
児玉先生の熱い魂がほとばしるような番組で、
メッセージが豪速球のようにびしっと伝わってくる。

いま原発事故をめぐる言説は
「危険派」と「安全派」に両極分解しているのが現状だ。
児玉さんの言動は当初から一貫しているが、
それに対して双方から批判が浴びせかけられている。
「危険派」からの批判は
「効果の期待できない除染の旗振り役」というもので、
なかには「除染利権のエージェント」などという
ネット世界特有の陰謀論(デマ)も紛れ込んでいる。
こうした「危険派」の言説の問題点は、
年間何ミリシーベルト以上なら危険なのかという
客観的な指標を一切明示していないことである。
やみくもに福島を危険視するのみで、
結果として「福島切り捨て」論に与している。
一方、「安全派」からの批判は、
「徒に放射能への不安を煽っている」というもので、
現に福島で暮らしている人の声であれば、
心情的には理解できるものだ。
これからも福島で暮らしていくしかない以上、
あるいは今後の復興を考えるならば、
「安全」と信じなければ展望が開けないからだ。
そういう人たちの目には、
児玉さんの言動は「危険派」と同列に見えるのだろう。
問題は「安全」を強調した結果が、
経済効率の観点からの
「除染不要論」と結びつきがちなことである。
放射能汚染の現状が「安全」とするならば、
原発を推進してきた国や電力会社の免罪符となり、
原発再稼働にお墨付きを与えかねないという
側面も無視することはできないだろう。

現に避難したまま帰ってこようとしない人が多いのは、
児玉さんが低線量被曝の危険性を強調するからではない。
放射能への不安が「事実として」存在するのである。
(その背景に事故直後の政府の対応への不信感がある。)
そうである以上、
不安の解消は福島再生の必要条件である。
つまり、効果的な除染なくして
福島に人が戻ってくることはあり得ないのである。
ことさら「安全」を強調することは
結果として、避難を永続化することになり、
意図とは逆に「福島切り捨て」につながりかねない。

児玉さんは、
除染の難しさは百も承知の上で発言している。
困難だろうとなんだろうとやり遂げない限り、
福島が安心して暮らせるところにはならず、
地域の再生はあり得ないから除染が必要だという。
そういう意味で、
何が現地の住民のためなのかを徹底して考え抜き、
一貫してそこに立脚するのが児玉さんの姿勢である。
だから、怒る。
取り返しのつかない事故を起こし、
事故後の対応で住民の安全を最優先にせず、
いまなお福島の再生に責任を負おうとしない
国や電力会社に対して激しく憤る。
放射性物質が付着した屋根は替えるしかないといい、
民家一軒の除染に500万円かかるとして、
上限を70万円とした国の除染はダメだと斬って捨てる。
経済性の問題ではない。
福島のためにやらなければならない、
福島を切り捨てないためにやるべきだという。
常磐道を除染した上で開通させ
相馬地方の経済を支える大動脈を確保することより、
首都圏外環道の開通を優先させる国に涙の抗議をする。
この番組からは
そうした児玉先生の真情が余すことなく伝わってくる。
インタビュアーの杉尾が泣きながら話を聞いている。
これほど熱い番組は珍しい。
一人でも多くの人に見てほしい。

残念ながら東北ローカルの放送だが、
放射能汚染による地域崩壊というテーマが切実な
ローカルだからこそ作ることができた番組でもある。
しかし、何らかのかたちで全国放送すべきだと思うし、
そのために微力ながらぼくも力を尽すつもりだ。





5 件のコメント:

  1. 涙を流しながら番組を拝見しました。

    「ネットワークでつくる放射能汚染地図」が総合テレビで放送されますね。
    当時渡利に居住しておりました。
    (現在は仙台!に避難しております。)
    被爆の危険にさらされながらの報道に
    感謝の言葉しかありません。

    こちらのインタビュー番組も広く日本中で
    放送されることを願ってやみません。

    返信削除
  2. ありがとうございます。
    現場の作り手には
    伝えたい熱い思いがあります。
    これからも応援してください。

    返信削除
  3. 私は福島市に今も在住しているものです。
    原発事故以来マスコミの報道の嘘やもしくは伝えなければならない真実を全く伝えない沈黙の様子に、毎日ただただ涙しています★
    そんななか、放射能汚染マップシリーズなどETVさんだけは真実を報道してくださっていると感じていました。
    本日再放送?も全部見れなかったのが残念なのですが、児玉教授の涙にうるみながらの訴えに涙がとまらなくなりました。
    こんなに研究者の中には自分自身も被爆しながらも我が身のように福島を救おうとしている方もいるというのに、巨大な利権がからむこの問題は全くすすみません★
    安全な場所から無責任な大丈夫を繰り返している政治家や科学者には福島に住んでものを言って欲しいです。
    toriiyoshikiさまは誠実で信じれる方と感じました。
    メールでお伝えしたいことがあるのですが、どうすれば間に人を介さないで連絡できますか?

    返信削除
  4. ここで書きました「東北Z」、
    「直撃インタビュー 児玉龍彦」が全国放送されます。
    平日深夜の時間帯ですが、
    反響の大きさに背中を押されたかたちです。
    3月7日午前(6日深夜)1時50分〜2時33分、総合テレビです。
    見る価値のある番組だと思います。ぜひご覧ください。

    返信削除
  5. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除