2009年12月26日土曜日

リバウンド

一昨日、会社に出たらいきなり喉が痛くなった。
どうもオフィスに性質の悪いウィルスがウヨウヨしているらしい。
そう思ううちに体が怠くなり、頭が重くなり…
昨夜は忘年会だったのだが失礼をして、今日は家でゴロゴロしている。
仕事が一段落したので、できれば海に潜りに行くつもりだったのだが、これではちょっとできない相談。
どころか、映画を観に行くのもちょっとツラくて、何をする気にもならないでいる。
息子もきのうから風邪で寝ていて、かみさんは元気に仕事に行っているが、男どもは全滅のていたらくだ。

若い頃から、一仕事終わると体調を崩すことが多かった。
緊張感が解けたところに、病魔(といってもせいぜい風邪くらいだが…)が入り込むのだろう。
仕事が終わると温泉(二十代を過ごした釧路であれば、阿寒か養老牛、菅野温泉など)に静養に行って、
一日か二日、ゆっくり本を読んで帰ってくるという、かなり爺むさい若者だった。
番組を作っているときはテンションを高く維持しているので、その「リバウンド」がくるのだろう。
そして、次の仕事にとりかかると、体調の悪いのはいつのまにかどこかに吹っ飛んでしまう。

そのリバウンドが年を追ってきつくなってきた。
本人はいつまでも若いつもりでいるのだが、どうもそうでもなさそうだ。
いささか情けないのだが、ま、五十代ももうじき半ばだからね…しょうがないか。
一日か二日寝ていれば治るのだから、よしとしなければならないのだろうが、時間がもったいないなあ…。

2 件のコメント:

  1. こんばんは。

    長い間お疲れ様でした。
    疲れがたまっている時は、免疫力が
    弱っているので、身体をいたわってください。

     それにしても番組作り、それもドキュメンタリーとは!
    我々みたいに出勤さえしてれば何とかなる世界ではない?
    ので、好きなことが出来てうらやましくもあり、大変だな
    と思います。

    それでも新しい仕事に掛かれば、適度な緊張感で免疫力もアップとなるでしょうが。

    これからも人間味溢れる切り口で、地域問題をテーマとした番組を提供願います(感謝!)。

    返信削除
  2. >シゲさん

    ありがとうございます。
    今日一日ぐだらぐだらしていたら、だんだん体調が戻ってきました(笑)。
    でも、どんな仕事であれ、
    仕事に打ち込むということは、多かれ少なかれ「命を削る」のでしょうね。
    齢五十を超えて、そんなことを実感しています。
    シゲさんも、私より年上でいらっしゃるのですから、
    体を労り労りお仕事をなすって下さい。
    それでは、また…。

    返信削除