蕎麦太り


あまり食べものの話ばかり日記に書くのも
ひんしゅくを買いそうだが、
ここ5日間、昼食は毎日蕎麦を食べている。
21日は盛岡で講演の前にもりを2枚、
22日は平取の「藤そば」でざるを2枚、
23日が「みつづか」で天ざるとざる、
(この店の野菜の天ぷらはすこぶる美味)
24日は日高門別の「いずみ食堂」で
もりを2枚食べた(写真上)。
国道沿いにあるこの店の外観は
田舎町のドライブインとしか思えないが、
蕎麦が旨いのを地元の人に聞いて訪ねた。
実に武骨で個性的な手打ち蕎麦で、
腰が強いのなんの、噛み切るのに顎が疲れる。
喉ごしを楽しむというわけにはいかない、
じっくりと味わうべき蕎麦だ。
そして今日は
札幌は円山西町の「藤乃屋」(写真下)。
昔(11年前まで)この近所に住んでいたので、
何度も通った、ちょっと懐かしい店である。
優等生的な蕎麦なので
「いずみ食堂」の翌日だと平凡にも感じるが、
鰹の風味が利いた辛めのつゆが美味しく、
あっというまにもり2枚をつるつる食べた。

出張先では朝めしをたっぷり食べるうえに、
昼は蕎麦三昧だから、太って帰ることになる。
きっと今回は2kgくらい太ったことだろう、
中年男としては、要警戒。


コメント

  1. おいしいおそばで蕎麦太りなんて、うらやましい!

    返信削除
  2. どなたかは存じ上げませんが、羨ましいでしょう?(笑)

    返信削除

コメントを投稿