冬と春とがせめぎあう

東京と釧路を行ったり来たりの生活がもう20年近い。
もともと釧路の家は、老後を過ごそうと考えて建てたものだ。
去年、定年退職したものの、
まだ仕事を続けていたので東京ベースの生活が続いた。
それでも、去年は釧路でおよそ100日間を過ごした。
気がついたことは、
釧路にいるときの方が体調がいいということである。
寒い土地なのに…やっぱり空気が東京とは違うのだろうか。
この4月からは、
仕事を一歩退いて、釧路での生活を長くすることにした。
東京の病院で続けていた抗がん治療も釧路に移した。
ありがたいことに、
釧路の病院でも東京に引けを取らない治療ができる。


先月29日から釧路に来ているのだが、
東京はもう桜が満開だそうだ。
釧路はようやく早春の気配が漂い始めたところ。
我が家の周辺では、冬と春とがせめぎ合っている。


この写真は我が家の南側、もう雪はほとんど残っていない。
きのうは家の周辺でふきのとうを摘んできて、
「ばっけ味噌」を作って酒の肴にした。
「ふきのとう味噌」のことだが、
単身赴任していた仙台ではそう呼んでいた。


こちらは家の北側、一転して雪のピラミッドである。
屋根から落ちた雪が溜まって、
ぼくの背丈ぐらいある円錐状に積もっている。
帰ってきて早々、
除雪をして玄関に入る道をつけなければならなかった。
夏の雨は馬の背を分けるというが、
釧路の春の雪は家の屋根を分けるものらしい。


我が家から歩いて5分ちょっとの千代の浦海岸に
流氷が接岸していることをニュースで知った。
散歩がてらに行ってみると、確かにびっしり接岸していた。


アムール河口域で生成された流氷が遥々オホーツクを流れ下り、
知床岬をまわりこみ、納沙布岬をも越えて、
釧路の海岸線にまで旅してきたのである。


網走あたりには毎年のように接岸するが、釧路まで来るのは珍しい。
ニュースによれば9年ぶりだそうだ。
氷の上を渡ってくる風は冷たいが、
陽光がすっかり春めいてきたのでそれほどの寒さは感じない。

釧路で桜(ヤマザクラだが)が咲くのは5月中旬になる。
稚内よりさらに遅く、「桜前線」は釧路あたりで消滅するのだ。
同じ頃、家の庭に植えたツツジも咲くだろう。
ちょっとした用事があって来週は一度東京に戻るが、
一週間ほどでまた釧路に引き返してくる。
今年は、釧路でゆっくりと春の訪れを見守るつもりだ。








コメント