フォクトレンダー

写真が好きなぼくは、
初代以来、Sigma DPシリーズをメインに使ってきた。
そして、サブ並びに水中用としてはOlympus。
イメージセンサーのサイズ(マイクロフォーサーズ)に
いくばくの不満を拭えなかったので、
一時はCanon M3をサブに使っていたこともある。
ところがこちらは
いつまで待ってもレンズのラインアップが揃わない。
とうとう嫌気が差して売り払ってしまった。

Olympusに戻ったのは、
マイクロフォーサーズのレンズの充実が目覚ましいからだ。
ぼくはズームレンズを好まない。
(水中用に広角ズームを一本持っているが、
 ほとんどの場合、ワイド端に固定して使っている。)
マイクロフォーサーズ用の単焦点レンズとしては、
コーワやコシナなどのメーカーが
すこぶる個性的なレンズ群を用意していて、
シグマにも、F2.8の17mm、30mm、60mmと、
1万円台でコストパフォーマンス抜群のレンズがある。

そこでまず手に入れたなかの一本が
フォクトレンダーのNokton25mm(コシナ)。


フルサイズ換算50mmの標準レンズだが、F0.95と滅法明るい。
従って絞り開放で撮るとめちゃくちゃボケる。
フォーカスはマニュアルだが、
ピントが合う範囲がごく薄いので神経を使う。
いま仕事が編集作業に入って忙しく、
撮影旅行はむろん、カメラ片手に散歩に出ることもできない。
そこで通勤途上の代々木公園に咲いた彼岸花を撮ってみた。
(ぼくは彼岸花が好きで、毎年撮影している。)


背景が盛大にボケて、花がふわっと浮かんで見える。
花自体もソフトフォーカスをかけたような描写で、
まるで夢のなかで出会った光景のようだ。
肉眼でこんな風に見えるわけはない。
レンズが作り出した超現実的な光景ともいえる。


絞りを2.8か4.0まで絞ると描写がかなりくっきりする。
背景はきれいにボケているが、
花そのものはシャープな写りである。
絞るにつれて写真の印象が一変するのである。


こちらは々代々木公園で撮ったサルビア・グアラニチカ。


ぼくが住んでいるマンションの雨の日の中庭の様子。
湿度をたっぷり含んだ空気感の描写が好ましい。


こちらは近所の公園にある「おすもう童子」の像。
「せんとくん」で知られる薮内佐斗司氏の作。 
西荻窪には同じ藪内氏による童子像が六つあるそうな。
今度、暇ができたら探し歩いてみようかな。

Nokton25mmは大変面白いレンズである。
絞りをいろいろに変えて遊んでみる。飽きない。
多少かさばるレンズだが、
Olympus OM-Dが小さいこともあって、
鞄の中にぽんと放り込んで歩くことができる。
最近は毎日この組み合わせを持ち歩いていている。
愛着のあるSigma dp2から
メインの座を奪うこともあるかもしれないな。

コメント