ぼくの“海開き”

伊豆の海に潜った。
台風が近づいてきていたので心配していたが、
金曜日には温帯低気圧に変わって、雲散霧消した。
きょうは晴れ上がって、絶好のダイビング日和となった。

去年の暮れに癌の切除手術を受けてから、
初めてのダイビングである。
腹の傷跡にウェイトが当たると痛いだろうと思い、
しばらくは自粛していたが、もう大丈夫だ。
ぼくにとっては、今日が“海開き”である。

波(うねり)が多少残っているくらいで、
コンディションは悪くない。
暑いので、早く海に入りたくてしょうがない。
海の中は昨日はきれいだったというが、
どういうわけか濁りが入っていて、
透明度はせいぜい5mくらいのものだろうか。
伊豆の海とは思えない暗さである。
しかし、深みに行くと、
水温18℃の冷水塊があって、そこは水が抜けている。



砂のなかに潜っていたメガネウオ。
なぜか“独眼竜”である(左目がない)。
普段は砂から目と口だけを出していて、
近づいてきた小魚をぱくりと丸呑みする。
食用魚で刺身にもなるというが、
あまり美味しそうには見えない魚である。



こちらはミチヨミノウミウシ。
全長が1cmに足りない小さな体だが、
色あいが上品で可憐なウミウシである。
実は今日のガイドも「ミチヨ」さんというのだが、
ウミウシほどには可憐ではない。


これはカサゴ。
伊豆の海にごく普通にいる魚だが、
色が鮮やかで、
面白い場所にいることが多いので好んで撮る。


 深いところの水がきれいだったので、
2本目はレンズを広角に付け替えていった。
ところが午後は深いところも水が悪くなっており、
完全に裏目に出てしまった。
「イナダ」サイズのブリの群れがすぐ傍を通ったり、
魚影は濃いが、透明度が悪すぎて撮りようがない。
けっこう流れが出てきていて、
ほとんど何も見えない海を
流れに逆らって体力まかせに泳ぎまわる。
体育会系のハードなダイビングで、
リハビリとしては絶好だったかも知れない(笑)。
手術してから脚力が落ちた自覚があったので、
久しぶりのダイビングで
足が攣るかも知れないと心配していたが、大丈夫だった。

来週は知床、
再来週は飛島(山形)と各地の海を潜りまくる予定。
7月の下旬からたぶん仕事がたてこんでくるので、
遊べるうちに遊んでおかなければ、夏が終わってしまう。

コメント