2012年11月29日木曜日

めざせ! 入院ダイエット

入院二日目。
というよりも、
検査が始まる今日からが本格的な入院生活である。
胃カメラを飲むことになるので、朝は絶食。
寝巻き替わりのジャージを持ってきているが、
そんな姿で院内をうろつくのは病人臭くて嫌だから、
ジーパンにセーター姿で検査を受けに行った。
(看護師さんに「今日は退院ですか?」と訊かれた。)
ぼくはいままで三度、
内視鏡で胃を検査してもらったことがある。
(一度は食いついていたアニサキスを摘み出した。)
いずれも喉にちょっと麻酔をするだけ。
それが今回は「精神安定剤」を打つという。
麻酔のちょっと強いヤツだろうくらいに考えていたら、
点滴で注入されたとたんに寝落ちして、
意識を取り戻したときには
自室のベッドにジーパンをはいたまま寝かされていた。
こんなことなら寝巻きを着ていくんだったのに…。


で、きょう最初に口にしたのが、昼食のうどん。
明日は大腸透視検査を受けるので特別メニューである。
…究極の「素うどん」で、ネギすら入っていない。
せめて一味唐芥子でも振ってあれば、
多少目に華やかになっただろうが、味も素っ気もない。
さすがに腹が減るなあ、と思っていたら間食が出た。


紅茶とクッキー。
普段ぼくは間食をしないし、
クッキーだの甘くてモサモサしたものは好まない。
しかし、今日ばかりは、ありがたく完食した。
クッキーも食べてみれば案外おいしいじゃないか。


で、夕食は固形物なし。
コーン・ポタージュに
カルピスゼリー(世の中にそんなものがあったとは…)、
果汁10%のリンゴジュース(せめて100%を飲ませろ)。
内臓に病気を抱えているとはいえ、
自覚症状ゼロでぴんぴんしている人間にこれはツライ。
世の中に「酒が飲めない」より切ないことがあるとは
今日の今日まで思わなかった。
そのうえ、先ほどは下剤を服用させられて、
なけなしの財産を剥ぎ取られるような気分である。
これで明日の昼まで何も食べられないのだから、
思わず、神も仏もあるものか、と口走る…。

この調子で入院生活を何週間もすれば、
きっとダイエットになるだろう。
一気に四十代前半の62〜3kgを狙ってみようか。
現在が66〜68kgだから楽勝でいけるのではないか。
かみさんが羨ましがるかもしれないな。

0 件のコメント:

コメントを投稿