2012年3月23日金曜日

今年初めての海

もう4ヶ月も海に潜っていないので禁断症状が出始めていた。
考えてみれば、
4ヶ月前も「4ヶ月ぶりに潜った」のである。
仙台に転勤して以来、
物理的に海が遠くなったこともあるが、
なんとも忙しく仕事に追われていて時間がとれない。
どうにか土曜日には潜りたいと考えていたのだが、
週末にかけて天気が悪くなる予報である。
これを逃すと、今度は5月半ばまでもうチャンスがないので、
(ゴールデンウィークもすべて仕事で埋まる予定…涙)
昨日急きょ東京に帰ってきて、
きょうは早朝から伊豆に向かった。
風邪気味(花粉症?)で体調はイマイチだったが、
そんなことは云ってられない。


海は伊豆海洋公園、
ぼくがいつも潜っているのは「ブリマチの根」である。
深いうえに遠いので、
14リットルの重いタンクを背負って入る。
早くも春濁りが始まっていて浅場の水質はよくないが、
ブリマチまで潜れば水は抜けていて、
ぼくの大好きなソフトコーラルのお花畑が広がっている。


他に客がおらず、
ガイドの鈴木美智代さんと二人のダイビングなので、
エアが続く限りの長居をさせてもらう。
水温は底で15℃台とまだ冷たいが、
鈴木さんが6.5mmのウェットスーツを貸してくれたので、
寒さが全く苦にならない。
温かいというより「暑い」と感じるほどで、
体から発散される熱気でマスクが曇るのには往生をした。


陸はもうすっかり暖かく、春本番の気配である。
ソメイヨシノより一足先に咲くという
城ケ崎桜が満開だった。
体調が悪いのもすっかり吹っ飛んで久々の海を満喫した。

3 件のコメント:

  1. この季節に潜られるんですね。
    ぼくは体験で石垣島で潜ったことがあるけど、ほんと、美しいですよね。海の中は。3月だったので、インストラクターと1対1で、いっぱいサービスしてもらいました。
    『ホットスポット ネットワークで作る放射能汚染地図』(講談社)を読みました。テレビ・ドキュメンタリストの仕事が分かり、とてもタメになりました。トリイさんも、そんな仕事をされてるんですね。

    返信削除
  2. >壁際椿事さん

    最近はトシのせいか軟弱になっていますが、
    知床の真冬、水温零下の海にもガンガン潜っていました。
    海は季節を問わず、魅力的です。

    「ホットスポット」の執筆者たちは
    みんな昨年夏まで一緒に仕事をしていた仲間たちです。
    めぐり合わせによっては
    ぼくもあの番組のスタッフの一員だったかもしれません。
    実はぼくの名前(本名)もちらっと出ているんですよ、あの本。

    返信削除
  3. 零下の海も、ウエットスーツ次第で、潜れちゃんですね。

    おお、そうなんですか。スゴイ番組を作っている人と、こうして話せるというのが不思議でなりません。ネット時代ですね~。

    返信削除