2012年2月3日金曜日

初めての函館観光


奥尻から朝のフェリーで引き揚げてきて、昼過ぎに函館に入る。
午後の飛行機で東京から妻がやってきて合流。
妻のたっての希望で
「函館」「小樽」「札幌雪まつり」…
冬の北海道観光を楽しもうというのである。

ぼくは前後17年間を北海道で過ごしている。
56年の人生のなかで、
都道府県別に云えば北海道での生活が一番長い。
江戸っ子は三代重ねなければ認められないらしいが、
蝦夷っ子は三日やったらやめられないというから、
「準道産子」くらいには認定してもらえるのではないか。
ところがそれだけ長く北海道にいても
ついぞ「観光」というヤツには興味がなく、
函館には仕事で何度か訪れているが
「100万$の夜景」とやらは拝んだことがなかった。
雪まつりに至っては、
職場が会場のすぐそばであったにも拘わらず、
会場を横切っていただけで見物をしたという記憶がない。
それがミーハー女性と結婚したがために、
この歳になって「観光」をするハメに陥ってしまったのである。
人生は何が起こるか、わからない。


日が落ちるとロープウェイで函館山の山頂に登る。
ロープウェイの運賃は往復1160円。
たかだか5分ほどしか乗らないというのに、
さすがに観光地だけあって強気な価格設定である。
それだけあれば、
浜松町から羽田までモノレールで往復して、
もう一度天王洲アイルまで行ってお釣りがくるではないか。
もっとも、初めてみる函館の夜景は評判通りの美しさだった。
煌めく街の灯の両側を漆黒の海が挟んでいる陰影の深さがいい。


ロープウェイを下りて、しばらく元町界隈を歩いてみる。
ハリストス正教会や聖ヨハネ教会、
元町カトリック教会(写真)などが
ライトアップされて雪の中に佇む様子が美しい。
冬の夜に散策する観光客は少なく、
その静けさが何より好ましいのだが、
妻は「寒いから早く帰ろう」とぼくをせっつく。
函館に行ってみたいと言い出したのは彼女なのに…。

ちなみに
ぼくは中富良野のラベンダー畑も見たことがないのだが、
妻は「今度はラベンダーを見に来ようね」と
早くも次回の「観光」計画に心を馳せているらしい。





0 件のコメント:

コメントを投稿