2011年10月9日日曜日

久しぶりの東京


きょうは東京に帰ってきた。
三週間ぶりのことだ。
30日(日)放送の「ETV特集」を担当するので、
明日から今月いっぱい、東京での仕事(編集)となる。
毎朝かみさんの顔を見ながら目覚めるのは、
嬉しいような、情けないような…男心は複雑なのであるw。

仕事は「クローズアップ東北」で放送した「除染」の話を、
「クロ東」の25分から、59分まで膨らませて再編集するもの。
現地の状況が日々変わっていくのを横目で見ながらの仕事となる。

最近は新聞やTVニュースで「除染」の言葉を目にしない日はない。
8月初旬に仙台に着任したとき、
「除染」が最大のテーマになると睨んだのは間違いではなかった。
だが、除染が必要な範囲があまりに広大なことに伴う費用負担の問題、
さらには、
除染で発生する放射性廃棄物の処理法が決まっていないことなど、
問題が大き過ぎて先行きが見えないのもまた事実である。
だから、「編集に専念」などできない相談なのである。
こういう仕事はしんどいが、愉しい。
そして、愉しいが、しんどい。
事態が毎日のように動いているから、
どんな番組になるのか、まだ自分でも判らないままでいる。

写真は南相馬市内の寺の境内で撮影した水子地蔵である。
本文とは何の関係もないが、
なんとも生々しくて気になっていて、ここに掲載した。
いや、本当に大した意味はないので、深読みするには及びません。

0 件のコメント:

コメントを投稿