2011年8月6日土曜日

もうひとつの“被災”のかたち

きのうは田老から南に転じて一気に福島県の南相馬市まで入った。
到着したのはすでに夜も10時近かったが、
原ノ町駅前の繁華街は灯も少なく淋しかった。

南相馬市の市域は以下の5つのエリアに色分けされている。
福島第一原発から20km以内で立ち入りが制限された警戒区域、
年間線量が20ミリシーベルトを超える怖れがある計画的避難区域、
20km〜30kmの緊急時避難準備区域、
30km圏外の無指定区域、
さらには局所的に高濃度の放射線が検出された特定避難勧奨地点。
市内が被曝の危険度によって“寸断”されている状態である。

もっとも同心円状のエリア分けは科学的にはほとんど無意味で、
緊急時避難準備区域にある幼稚園の屋上で
毎時33マイクロシーベルトの高濃度放射線が検知されるなどしている。
そのため、市では8〜9月の二ヵ月を「除染月間」と定め、
東大アイソトープ総合センターの協力を得て放射性汚染物質の除去を進める。
「将来的にできるだけ多くの市民に帰ってきてほしい。
 同時にいつまでも住める町にしたい」(桜井勝延市長の言葉)という。

一夜明けても原ノ町駅前は閑散としていた(写真上)。
とても人口が7万人ちかくいる町の中心商店街とは思えない。
一時、屋内退避区域に指定されていたこともあるのだろう、
歩いている人の姿がほとんど見られないのが異様に感じられる。
このあたりは現在は緊急時避難準備区域に指定されている。
シャッターを閉めた店が目立つのは震災前からだったのかもしれないが、
避難した人が多く商売にならないのも間違いないだろう(写真中、下)。
ぼくは3.11以降、津波による被災地をめぐってきたが、
原発事故による被災地は全く光景が違う。
町並みがほとんどそのままであるだけに却って凄惨に感じられる。

昼食をとるため喫茶店に入ったら、
一組の客は経営者の女性と「除染」についての話をしているし、
隣のテーブルの女性客二人連れは義援金の受け取りについて喋っていた。
目に見えない放射能による「被災地」の現実が実感された。

0 件のコメント:

コメントを投稿