2011年6月16日木曜日

羅臼へ

今日もいい天気…と思っていたら、
霧が出て春採湖の湖面が見えなくなった。
庭に出ると、昨日植えたばかりのツツジが、いくつか花を開いていた。
根づいてくれたかどうかは判らないが、ちょっと嬉しい。
きょうは庭に除草剤を撒く。
こうした毒物を使うのは本当は厭なのだが、手で苅るのは大変すぎる。
この家を建てた当初、頑固に除草剤を使わなかったので、
じきに手が付けられないことになったという苦い経験がある。
タンポポは好きなので、できるだけかからないように散布してやる。

洗濯をすませてから、羅臼行のバスに乗る。
(妻が電話で「あなたは釧路にいるとよく働くね」と皮肉を言う。)
明日からちょうど一年ぶりで羅臼の海に潜る予定だ。
パソコンと着替え、
本を二冊(ドン・ウィンズロウ「サトリ」上下)ショルダーに詰め込む。
本は羅臼にいるあいだに読み了えてしまうつもりだ。
重い水中撮影用の機材一式を持ったうえに、
「上善如水」純米吟醸の一升瓶を一本抱えた。
泊まる民宿「旅の途中」は酒の持ち込みが自由なので、
旨い羅臼の魚介類を肴に三日で空けるつもりである。

3 件のコメント:

  1. シグナル伝達2011年6月16日 20:44

    昨年もこの時期でしたね。私も先週行ってきました。ホテイウオygを夢中になって撮っているうちに知らぬ間に減圧が出ており、せっかくのナイトダイビングを川原さんに却下されてしまいました。水温3度と低めです。

    返信削除
  2. いやぁ、3℃ですか…
    寒いなぁとすっかり軟弱になってしまいました。
    ちょうど一年ぶりの羅臼です。
    仙台に転勤すると来づらくなるので、
    精一杯楽しんで来るつもりです。

    返信削除
  3. シグナル伝達2011年6月16日 21:24

    ちょうど知床開きで賑やかですね。冷たさも写真撮っていたらあまり感じませんよ。私のように減圧出さないよう、お楽しみ下さい。既にお知り合いかもしれませんが、今週一緒になると思われるN藤・C葉さんは志津川・GSご夫妻の近況よくご存じです。

    返信削除