2011年4月23日土曜日

死者の夢

明け方に夢をみた。

ぼくは被災地を歩いている。
一面が瓦礫の山だ。
橋の欄干のようなものが残されていて、
そこに無数の遺体がまるで洗濯物のようにぶら下がっている。
ぼくは死者たちの人生を調べて番組にすることになっているのだが、
どこから手をつけていいのか判らず、呆然としながら遺体のなかを歩き続ける。

いつのまにか編集室にいた。
傍らには編集マンのNがいる。
Nは独特のひらめきを持った編集をする男でいつも組んで仕事をしていたが、
十年ほど前に仕事で泊まっていたホテルの部屋で突然亡くなった。
まだ四十代前半の若さで、死因は脳出血だったと思う。
Nはいつものようにぞんざいな口調で、
「これはよォ、こういう方向でいいんじゃねェか」という。

目が覚めたのは午前6時頃だっただろうか。
睡眠時間は足りなかったが、もう眠れなかった。
自分が壊れ始めているのではないかと不安になった。

きのう岩手の被災地をあとにして、きょうから編集である。
一週間弱で43分のドキュメンタリーをつなぎあげようという常識外の強行軍だ。
放送は5月2日朝、
心身ともに疲れがピークに来ているが、やるしかない。

写真は上が被災した山田町の焼跡。
下は瓦礫の中から見つけ出された家族のアルバム(宮古市田老)である。
写された人たちが無事でいて、家族の記憶が手許に戻ることを願ってやまない。

4 件のコメント:

  1. 相当疲れている様子、放送が終わったら愛妻と一緒に二三日ゆっくりと温泉に行ったら良い、まだまだ稼がねばならない身体大切にしなくては。

    返信削除
  2. ありがとう。
    疲れているのは確かみたいだ。
    できれば若い女性と一緒に温泉に行きたいのだが、
    早くから予約していたので不本意ながら「愛妻」と一緒に沖縄に行く。
    連休の後半は釧路に帰って冬越しをした家の掃除などをしてくるつもりだ。

    返信削除
  3. >できれば若い女性と一緒に温泉に行きたいのだが、

    まだまだ死にそうにないですね。

    番組、楽しみにしてます。

    返信削除
  4. >Yさん

    ありがとうございます。
    煩悩が多過ぎて、なかなか成仏できないようですw

    返信削除