2010年5月1日土曜日

春の日、編集室に缶詰になりながら…



天気がいい。
東京は初夏の陽気だ。
こういう日は
編集室に籠もるのがユーウツである。
出勤途上の代々木公園付近はメーデーの賑わい、
人ごみを避けて公園のなかを歩き、
目についたちいさな、
しかし艶やかな花を撮影してみた。
カメラはOlympus Pen Lite、
レンズはパナライカの90mm相当で、2.8の開放。
ぼくは大きな一眼レフを持って歩くのは嫌なので、
マイクロ・フォーサイスのカメラがぎりぎり。
でも、これ一台で、カメラの愉しみが随分増えた。



ラッシュを見終わり、本格的な編集に入ってきょうが二日目である。
二日で当初案の1/3にあたるシーンの編集を終えたが、既に30分近くの時間を消費していて、
(今回は60分番組なので)とてもではないが時間内に収まりそうもない。
半ば予想していたことではあるが、
十和田と東金、二つのケースを徹底して描くことはやはり不可能だと判断せざるを得ない。
とすれば、どちらかのシーンを徹底的に刈り込んで軽くするしかないのだが、それも悔しくて…。

ここ数年ゴールデン・ウィーク(NHK的に云えば「大型連休」)をまともに休んだことはないのだが、
今年は息子の大学合格の御礼参りを兼ねて、太宰府から広島にまわる予定。
明日から三日間は休んで、5日から作業再開。
連休明けは全体構成をやり直すところから始めるつもりである。

3 件のコメント:

  1. うーむ・・こってりしていて いいなぁ・・・パナ。

     フォーサーズの深度は やっぱり いいと思います。
      デジカメは F8以上・・・絞ると
     画像劣化は ひどいですから。。

     CCDのサイズは このあたりが いいですね。
         

    返信削除
  2. こちらにお越しですか?

    GWはどこも人が多いのと、旦那は仕事なんで。。。私は近場でうろうろを繰り返しております。福岡では『どんたく』というお祭りをしています。広島へ行く途中でものぞいてみて下さい!!

    返信削除
  3. >bm2さん

    CCDのサイズはやっぱりSIGMAくらい欲しいと思います。
    おとつい九州(太宰府&船小屋温泉)で楠の大木をOLYMPUSで撮ったとき、
    木の葉っぱの解像度に不満を覚え、CCDの限界を感じました。
    風景を撮るなら、ぼくは描写に曖昧さのないDP1が好きですね。

    >あつこさん

    きのう博多で、
    新幹線に乗るまで2時間ほどあったので天神を覗いてみました。
    結局、人ごみを見物に行った格好になりましたが(笑)。

    返信削除