2010年4月5日月曜日

入院したくなる(?)病院



4月1日に開院した北秋田市民病院。
1日に入院患者が移ってきて、
きょうはいよいよ外来が始まる日である。

この病院は人里離れたところにあるが、
逆に云えば「豊かな自然に包まれている」わけで、
空港に近く飛行機の窓から見える姿は、
リゾートホテルとしか思えない。
病院に隣接したところには、
森と湖の「北欧の森」公園が広がっている。







そう考えると、
この病院のデザインが「北欧風」であることに
今更ながら思い当たる。
ビビッドな色使い、
シャープな機能美はまさに「北欧風」。
コンセプトとしては一貫している。
だから、これはとてもいい建物だと思う。
それで採算が取れるかどうかは別問題だが…。






320床中で使われているのは177床だから、
病棟には当然ながら空室が目立つ。
でも、デザイン的には素敵で、
病棟は湖沿いにRを描いて作られているから、
窓からの景色は抜群。
ぼくは幸福にも頑健な性質で
いままで一度も入院したことがないのだが、
もし入院することになったら
この病院なんていいな…と本気で思う。
少なくとも、
ぼくが仕事で泊まっている
ビジネスホテルより遙かに居心地がよさそうだ。
どうせ空いているのだから、
なんとか安く泊めてもらえないだろうか…(笑)。





午過ぎまでロケをして、十和田に走る。
先日は雨に煙って見えなかった十和田湖が
くっきりと見えた。
美しい、雰囲気のある湖である。
湖から十和田に行く途中の奥入瀬渓谷も
魅力的なところだ。
愛妻家(恐妻家ともいう…)のぼくは
一度妻をここに連れてきてやりたいものだと思った。

2 件のコメント:

  1. いちごのすけ2010年4月7日 8:29

    すてきな病院!
    採算だいじょうぶ?もですが、職員動線がどんなもんか気になります・・・。
    市民病院だからびっくりするほどの個室料ぼったくりなんてオチはないでしょうね。

    返信削除
  2. >いちごのすけさん

    さすがに「個室料ぼったくり」はないと思いますが、
    動線の問題はぼくも気になりました。
    病室は一辺にRが入ったV字型に配置されており、
    Vの口のところにスタッフ・ステーションがあります。
    Vの内側にはショートカットが走っているので動きやすいような気もするし、
    一方で、死角が多そうな気がしなくもなく…。

    返信削除