2010年2月23日火曜日

47都道府県制覇!!

「市役所前」の停留所でバスを下りたら、周囲が真っ暗だったのでびっくりした。
明るく見えるのは、信号の青、そして赤。交番の赤い灯…。
ちょっと向こうに、お馴染の「セブンイレブン」のネオンが見えるのみ。
山形県酒田市。
人口12万…決して小さくはない街だが、夜も10時近くなるとすっかり暗く、なんだかネオンが懐かしい。

仕事やダイビング、温泉めぐりで日本中を歩いて、唯一足を踏み入れたことがないのが山形県だった。
きょうは医療問題(「公共事業としての病院建設」)の取材で、鹿児島県庁の取材を経て、酒田に入った。
強行軍だが、これで晴れて「47都道県制覇」を成し遂げたことになる。
明日は県立病院と市立病院を統合して独立行政法人化した「日本海病院」の取材をする予定。
これであとは、取材したことのない県が鳥取県と和歌山県、山梨県。
泊まったことのない県が、南から鹿児島県、和歌山県、滋賀県、山梨県、埼玉県と残ることになる。

酒田の宿は「若葉旅館」。
夜が更けてからのチェックインなので、居酒屋が併設されているのがありがたい。
ノドグロ(アカムツ)、コチの刺身、鯛の昆布〆。
エゴ(海藻を寒天状に固めたもの)にキモド(アサツキの小さいヤツのように見えた)…
酒は宿のオリジナルだという「初孫」の純米(300ml)、
もう一本追加で「上喜元」の純米吟醸(こちらの方が旨かった)。

考えてみれば、酒田は映画「おくりびと」の舞台だったはず。
暗くなってから入ったので、風土感がまるでつかめない。
明日は取材を終えてから時間があるはず(列車の接続の問題)、ちょっとこの街を歩いてみようか。

2 件のコメント:

  1. 僻地外科医2010年2月25日 7:47

     秋田でなく山形と言うところに「ちょっと狙ってみた」感が見え隠れするのは気のせいですか?w

    返信削除
  2. >僻地外科医先生

    いえいえ。
    巨大病院建設が原因で崩壊寸前の十和田市立中央病院の改革委員会、
    その委員のお一人が酒田の日本海病院の理事長だっただけで、
    他意はありません、たぶん…w
    ぼくのなかの「都道県別日本酒番付」で第一位が山形、二位は青森ですが、
    これはあくまで偶然です。
    昨夜は青森で大好物の陸奥湾のナマコを肴に
    (残念ながらフジツボにはちょっと早すぎましたが)
    弘前の「豊盃、七戸の「作田」を飲んで幸せでしたが、あくまで偶然です。

    返信削除