2010年1月3日日曜日

二日遅れの寝正月

きのうのロケは順調に終わった。
貝澤家のシンヌラッパ(アイヌ式の先祖供養)は今度の番組のラストシーンに使いたいと思っている。
仕事は順調だったが問題はその後で、千歳空港大雪のため、帰りのフライトが遅れに遅れた。

16時30分のANAを予約していて空港に着いたのが16時、搭乗手続きはすでに中断されていた。
チェックインカウンターの前で撮影機材を入れたジェラルミン・ケースに腰をかけて待つ。
正月の2日だが既に東京便はUターン客で満席、
空港のロビーはラッシュ時の新宿駅のような雑踏である。
使用便が到着してようやくチェックインできたのは18時で、
19時フライトの予定が滑走路が混雑しているためにさらに遅れた。
東京の我が家に帰り着いたのは23時過ぎで、へとへとに疲れて風邪がぶり返していた。

1日2日と仕事だったため、今日が実質的な正月だった。
ところが、そんなわけで疲れが出て、完全な寝正月である。
目を覚ましたのが11時過ぎで、
かみさんと一緒にブランチの蕎麦を食べて、
ベッドに戻って本(ウィンズロウ「犬の力」…最近一番面白い本で、この本のことは改めて書く)を読む。
そのうちまた眠くなってしまい…かみさんに起こされたときには18時を過ぎていた。
その間かみさんは中国のインターネット・チャンネルで映画(…たぶん海賊版だ)を2本みたというから、
夫婦ともども怠惰の限りを尽くした「寝正月」を決め込んでいたわけである。
いつも忙しくしている人間は時間に関して貧乏性で、
こんな一日を過ごすとモッタイナイと思ってしまうのだが、ま、たまにはいいだろう。
明日もう一日は、ゆっくり「寝正月」とするつもりだ。

2 件のコメント:

  1. 僻地外科医2010年1月5日 6:34

    日本酒のコーナーにはコメント欄がないのでこちらで。

    グーグルさんとイネ品種データベースによれば

    山酒4号は山田錦と金紋錦の交配種だそうです。
    (金紋錦は亀の尾の系列)現在は試験的に栽培されているものとか。

    山形4号はこれとは全く別の品種で亀の尾や山田錦は先祖に入っていません。

    調べてみると面白いものですね。

    返信削除
  2. >僻地外科医先生

    ありがとうございます!
    自分で調べてみるべきでした…(汗)。
    山田錦の血を引く方がより個性的な酒になっているのも面白いですね。

    返信削除