2009年7月18日土曜日

馬場ホルモン

きょうが午後から土砂降りの雨になった。
旭川地方は、ここのところピーカン(快晴)と雨とを一日ごとに繰り返していて、妙な天気である。
「蝦夷梅雨」とはこのことだろうか、
30℃を超えるような暑さになったと思ったら12℃くらいまで涼しくなって、
うかうかしていると体調を崩しかねない。
夕方には傘をさしていても役に立たないほどの豪雨となり、左半身がびしょぬれになって震え上がった。
北海道暮らしが長く(それも「夏でも寒い」釧路がホームグラウンドで)、
寒さに対する耐性はかなりあるはずのぼくが「寒い」と思うのだから、
本州から来た60代の男女が山で低体温症を起こして凍死したと聞いても意外とは思わない。
(亡くなった方々には気の毒だが、自然と向き合うことのリスクを軽く考え過ぎてはいなかったか…)

夕食は豪雨のなかを旭川名物・塩ホルモンを食べにいく。
旭川在勤時にときどき行っていた「馬場ホルモン」という店である(泊まっているホテルからも近い)。
戦後まもなくからやっているのだろう、実に“時代のついた”たたずまいの店で、
先日、街を歩いていて突然思い出した。
まだ残っているのかと思って(半ば諦めながら)探したら、
焼跡のバラックじみた店の外観はそのままで、真っ赤なネオンが健在だったので嬉しくなってしまった。
もともと同僚から「お婆さんが一人でやっているマニア向けのホルモン屋がある」と教えてもらった店で、
婆さんがやっているから通称「ばばホル」なのかと思っていたら、
実際に「馬場ホルモン」だったので意外に思ったものだ。

水溜まりを避けながら、露地の奥にある店に飛び込む。
小さな店はほぼ満席であり、酔客の話し声と煙で煮しめたような状態。
「婆さん」と呼ぶには気の毒すぎる年ごろの女性が一人で店を切り盛りしていた。
この店にはメニューがない。
客が席に着くと、
人数分のホルモン(様々な部位が混じっている)を盛った皿とタマネギがドンという感じで前に置かれる。
それを七輪の火で焼いて喰う。
ビール(生ビールなどという気の利いたものはない。瓶のみ)か、
焼酎、日本酒(ともに一升瓶で出てきて、飲んだ分だけ代金を払う)を注文して、
ホルモンの皿が空になったらお替わりをするというシンプル極まりないシステムである。
たぶん、ご飯(ライス)も置いてはいないのではないか。
注文したことはないが、ご飯を食べている客を見たことがない。

男3人でホルモンを一皿半食べ、ビールを5本飲んで、勘定は4100円だった。
スタッフ(カメラマン、音声)も、
観光ガイドには間違っても載らないディープな旭川に触れて満足そうだった。
お盆まで毎週旭川に通ってくることになるので、「馬場ホル」には是非また来ようという話になった。

4 件のコメント:

  1. 僻地外科医2009年7月19日 19:34

    あまりに懐かしすぎる名前に絶句。
    安くて旨いので学生には人気でした。学祭の出店でもやっていたぐらいです。

    >「婆さん」と呼ぶには気の毒すぎる年頃の女性が一人で店を切り盛りしていた。

     代替わりしたんじゃないですかね。私が学生の頃と言えば既に20年ちかく前。その時の店主がまだやってるならどう考えてももう80~90才ぐらいのはずです。

    返信削除
  2. 僻地外科医先生

    「ばばホル」と大学の学園祭というのが、
    どうしてもイメージ的に結びつかないのですが…(笑)。

    あらためて思うと、旭川は、
    「ばばホル」にしても「蜂屋」(五条店)界隈にしても、
    焼跡の面影を残した一角がいいですね。
    …というわけで(?)、25日の夜は一杯やりましょう!

    返信削除
  3. しょたこたママ2009年7月25日 23:06

    私はまだ行ったことがないのですが、
    主人が職場の宴会にこたぼんを連れて馬場ホルに行ったことがありました。
    ご飯もジュースもないので、他のグループのお姉さんが、
    近所のコンビニで買ったジュースとおにぎりを、
    なぜか馬場ホルで歌い踊っていた
    当時4歳のこたぼんに分けてくださったそうです・・。
    持ち込みオッケーみたいです。

    返信削除
  4. >他のグループのお姉さんが、
     近所のコンビニで買ったジュースとおにぎりを、
     なぜか馬場ホルで歌い踊っていた
     当時4歳のこたぼんに分けてくださったそうです・・

    「芸の力」の勝利というべきでしょう(笑)。

    返信削除