2009年5月22日金曜日

同期が集まれば…

今日はナレーション入れ。
あいまに廊下で同期のI(某番組部部長)とすれ違ったら、
今夜、同期で集まるんだけど…と誘われた。
仕事が順調に終わったので、
Iのいきつけらしい百軒店の焼鳥屋に顔を出す。
集まっていたのは
同期のプロデューサーや
(既に現場を離れた)元プロデューサーら8人。
わが社はもうじき管理職人事の季節なので、人事の噂話に花が咲く。
ぼくは、ほとんど何も知らないので話についていけない…

これでもサラリーマンのはしくれだから、
人事に興味がないなどとカマトトぶる気はない。
しかし、取材やロケで会社にいないことが多いし、
会社にいるときはたいてい編集室に籠もっているから、
人事の情報など知りようがない。
結果として、無関心…ということになってしまう。
(「人事」とは、自分に関係ないときは「ヒトゴト」と読むらしい。)
集まった仲間はぼく以外は全員ラインの管理職で、
組織というものは
ピラミッドの上に行けば行くほどポストが少なくなるから、
人事は切実である。
Iはどうやらどこかの放送局の局長に転出するらしいが、
今年は会長の方針で局長クラスの若返りを図るという話で、
ぼくらの同期は割を食って
順番を飛ばされてしまう可能性があるのだという。
ぼくはハナから局長になる可能性などないので、
そう聞いてもまるで「ヒトゴト」である。
皆の話を聞きながら、
出世に無縁の俺って
サラリーマンとしてけっこう幸せなのかも知れない、と思った。

0 件のコメント:

コメントを投稿