秋はもみじの…


先週の土曜日(18日)、
大学院で鍼灸学を学ぶ妻のお供で京都を訪れた。
ぼくの目的は盛りを迎えた京都の紅葉の撮影である。
北海道の自然風土をこよなく愛するぼくだが、
桜は東京、紅葉なら京都が一番だと思っている。
土曜は生憎の雨模様だったが、
永観堂、南禅寺、嵐山(嵯峨鳥居本)とまわり、
天気の回復した日曜日は
妻を案内してもう一度永観堂に行った。


京都に紅葉の名所は数多くあれど、
「秋はもみじの永観堂」と言われる
有名な禅林寺(通称・永観堂)の美しさには息を飲んだ。
ネット情報によれば
日本一人気のある紅葉スポットだそうだが、それも首肯ける。


ちょうど紅葉がピークの終末で、
永観堂、南禅寺あたりは大変な人出である。
土曜日は京都駅前から出るバスに乗ったが、
バスは超満員で道路は渋滞、たどり着くまで時間がかかった。
そこで日曜日は地下鉄を烏丸御池で乗り継ぎ、
蹴上駅から南禅寺を抜けて永観堂まで10分余りを歩くことにした。


永観堂の境内は人で溢れ、
日本語はもちろん、中国語、韓国語、英語…が渦を巻いている。
和服姿の女性が目立つのは、きっと観光用のレンタルなのだろう。


こちらは紅葉越しに眺める南禅寺の三門。
永観堂の箱庭的な美しさに比して、雄渾である。
時間がなくて三門に登れなかったのがちょっと残念。
三門から見る紅葉の京都には
きっと「絶景かな、絶景かな」と言いたくなっただろうに。


夕暮れの嵯峨鳥居本。
ここは重要伝統的建造物群保存地区である。
鳥居を挟むように茅葺きの茶屋が並んでいる。
写真奥の平野屋は江戸時代から続いている老舗だという。
この鳥居から愛宕神社まで5km以上あるというから豪気である。



コメント