湖の秋・3

フリーパスの最終日にまた阿寒湖畔までやってきた。
(4000円でとことん使い倒してやったw)
湖畔の小さな温泉宿に一泊して、
朝一番で滝口から双岳台までタクシーを走らせた。
前日が雨で、雨上がりの朝は空気の透明度が高いと踏んだのである。
ヨミがあたって、雲ひとつない快晴である。


双岳台からは雌阿寒岳、雄阿寒岳の二つの山を一望できる。
もっとも、一番いい撮影ポイントは、
駐車場からしばらく歩いて下りたところにある。
先日、バスで通ったときに目星をつけていた場所で、
この写真はそこから撮ったものだ。

双岳台から歩いて30分余り下ると双湖台がある。
ペンケトー(アイヌ語で上の湖)、
パンケトー(下の湖)が一望できるというふれこみだが、
パンケトーの方はちらっとしか見えない。


画面中央がペンケトーで
その左上に僅かに青い湖面が見えているのがパンケトーだ。
(写真をクリックして拡大しないと判別できないと思う。)
木々が葉を落とす冬にはもう少し見えるかもしれない。
しかし、
原生林に囲まれたペンケトーの
吸い込まれるような青さを目の当たりにすると、
それだけでも、ここを訪れた甲斐があったと思う。


すっかり色づいた阿寒の原生林を撮影しながら、
双湖台から阿寒横断道路を歩いて下る。
双岳台からいうと10km余り、2時間ほどの道程である。
舗装道路で基本的に下り坂だから体力的に無理はないが、
歩道があるわけではないので、
すぐ横をバスやダンプなどの大型車が通るとちょっと怖い。
タクシーの運転手さんに
「歩いて降りるのはちょっと怖いかも」と言ったら、
「なーんも、こわくないっしょ」と返された。
北海道弁の「こわい」と勘違いされたのかもしれない。
当地では「疲れる」ことを「こわい」と表現するのである。
平日で車の通行量が少なかったこともあり、
いずれの意味でも「こわく」はなかった。

阿寒横断道路を下りきって、
湖畔方向にしばらく歩くと「滝口」である。
前回のブログに写真を載せたが、
橋の上から滝と紅葉を眺めるポイントとして有名である。
橋を渡ってバス停の横の小径を右に曲がり、
もう少し歩くと阿寒湖畔にでる。


温泉街から見る阿寒湖はのっぺりしていて面白くないが、
滝口あたりは小さな島が点在し、変化に富んでいて美しい。
この滝口から雄阿寒岳の登山道に入って
10分ほど歩くと太郎湖である。
阿寒湖からの水が流れ込んでせせらぎがある。
原生林のなかにひっそり佇む湖はなかなかいい感じだ。


この登山道は踏み分けに毛が生えたようなもので、
太郎湖あたりまで傾斜はほとんどないが、
小さな岩を越えたり、木の根を踏んで歩いたりで足許には気を使う。
さらに10分ほど歩くと次郎湖である。


緑色めいた独特の湖面は水質の関係だろうか。
この二つの湖(というか池)は冬でも凍らないらしい。
もう少し歩いてみたい気がしたが、
これ以上奥に入るとクマがこわい(疲れるという意味ではない)。
帰りのバスの時間もあるので、
後ろ髪引かれる思いを残しながら次郎湖で引き返した。
愛用のSkagenのスマートウォッチによれば、
一日で22182歩、距離にして14km余りを歩いたようだ。
今年の最高記録であるのは間違いない。

コメント