神戸「三把刀」と妻のルーツ

新長田再開発問題の取材を続けているが、
9月21日に「ETV特集」での全国放送が決まった。
放送時間が59分と長いので、
追加ロケのため、きのうから神戸に来ている。


事態の「正常化」をめぐって
市当局と区分所有者の話し合いが始まっていて、
順調にいけば、
放送までに解決の糸口が見つかるかも知れない。
市の言葉でいうと「正常化」だが、
区分所有者サイドからいえば「問題解決」に他ならない。
真の「解決」までまだ先は長いだろうが、
(生活者にとって)いい方向に動くことを祈りながら
取材にあたっている。


さて、きのうは、
妻と妹、上海に住む妻の叔母の一家5人が神戸に来て、
南京町(の焼肉屋)で一緒に食事をした。
上海から来た5人は日本語ができないので、
中国語が解らないぼくにとっては
何が話題になっているやら、
ちんぷんかんぷんの会食だった。

実はぼくと(正確にいえば、妻と)神戸のあいだには、
浅からぬ縁(えにし)がある。
妻の父親(故人)が他ならぬ神戸の生まれなのである。
妻が生まれる前に亡くなったという祖父は、
昭和の初め、神戸に居を構えていた華僑だった。

華僑のあいだには「三把刀」という言葉がある。
料理人が使う包丁、
仕立て職人の裁ち鋏、
理容師の剃刀の三つの「刀」をいう。
海を渡った中国人たちは
この「三把刀」を武器に世界中で生き抜いてきたわけだ。
明治以来、多くの中国人が住み着いてきた神戸にも、
中華料理店、仕立屋、中国人の床屋が多くあったらしい。
仕立屋についていえば、
神戸には「上海テーラー」という言葉が残っているほど
上海(と近郊)出身者が多くを占めていたという。
妻の祖父も戦前、弟とともに神戸で仕立屋を開いていた。
子どもが4人、神戸で生まれ、
その末っ子が今回来日した72才の叔母である。
祖父は戦争が始まったので上海に引き揚げたと聞いている。
であれば、
叔母は生まれてまもなく、
まだ赤ん坊のときに中国に帰ったことになるので、
当然、日本についての記憶は何もない。
生まれ故郷の神戸の街を見るのは、
事実上、今回が初めてということになる。

3年前、叔父が来日したとき、
大阪で仕事(生活保護問題の取材)をしていたぼくは、
日曜日を利用して神戸にきて、華僑の歴史を調べた。
なにせ戦争前の話だから
妻の祖父を知る人はもはやなく、
どこに住んでいたのかを特定することはできなかったが、
「上海テーラー」の多くが
元町駅に近いトアロードに店を構えていたことが判った。
叔父の記憶は「家の前から山が見えた」というもので、
神戸ならどこでも山は見えるので
頼りない手がかりだなあ…と思っていたのだが、
実際、トアロードの突き当たりには、
ど〜んという感じで六甲山系の山が見えている。
叔父の遠い記憶とも一致する風景であったようだ。
そんなわけで今回もトアロードに案内した。
中国語ができないぼくは
叔母の感慨を訊くことはできなかったが、
72才で生まれ故郷を初めてみた思いは
如何ばかりであっただろう。
息子(つまり妻の従兄)の家族は思い入れがないので、
専ら買物に精を出していたようである。

コメント

  1. >区分所有者サイドからいえば

    正確には「店舗の区分所有者サイド」ですね。

    住宅の区分所有者は含めないで頂きたい。


    店舗区分所有者の一方向のみから見ればこのような報道、

    センセーショナルになる編集でVTRは完成。


    例えば、原爆を落とした側の正当性のみ報道する、

    落とされた側の取材は必要なし。

    受けさえすればそれで良しとする、マスコミの良心なんて無いですね。

    中国人と韓国人の店舗オーナーが先導し周りの店舗を煽っている、

    このオーナー達は他のエリアでもトラブルメーカーです。

    知っていても無視なんですね。

    返信削除
    返信
    1. 新長田再開発問題が
      「店舗の区分所有者」によって提起されたのはご指摘の通りです。
      しかし、「中国人と韓国人の店舗オーナーが先導し」とお書きになったことで、
      あなたが事実を捩じ曲げて理解なさっていることが判ります。
      よしんばそれが事実であったところで、
      ヘイトスピーチともなりかねない言動は慎むのが良識だと思いますが、
      新長田再開発問題は誰かが「煽って」大きくなったというほど、
      底の浅い問題ではありません。
      ましてや民族問題などではないのは自明のことです。
      あなたがどういう「立場」の方かは存じ上げませんが、
      民族的差別感情を「煽る」側に依拠した報道など
      あり得ないことは申し上げておきます。

      削除
  2. この匿名さんの文章、ヘイトスピーチ???
    国語力の無さも、ここに極まれり?

    >中国人と韓国人の店舗オーナーが先導し
    匿名さんの使用している単語は「先導」。
    「煽動」だと反射的に変換したのだろうか。
    集団訴訟のリーダー的存在なのは確かであるのに。
    そのリーダーが先導し、他の店舗を煽ったのも事実。
    他のエリアでもトラブルメーカーなので、煽ったとの表現は普通の思慮。
    いや、中国人や韓国人と書いたがための民族問題との。
    なら、米国人、北欧人・・・日本人は。
    「欧米かっ」と叫び、頭をはたいていたお笑い芸人もいたっけ。
    その時は、人権問題、差別問題との糾弾は無かったですよね。
    中国人とか韓国人とか、その国の人とする表現は普通の言葉だろうに。
    匿名さんの文章に、民族問題と決めつける想像力に感服いたします。
    よほど知能指数が高いのだろう。 うらやましい限りです。

    ここ長田区は、全国でも有数の在日の方が多く住む地域です。
    小・中学校から、差別問題を授業に取り入れ、人権作文を課題にもしている地域です。いまは知りませんが。
    匿名さんの文章は、事実を少し明かしただけで、それに対する明確な反論事実も書かず、ヘイトスピーチだとのそしり。
    脊髄反射ではなく公平な事実を書いてから、糾弾してほしいものだ。

    「馬鹿でもチョンでも」と発言された政治家に、「チョン」は特定の外国人を侮蔑する差別用語だと不必要に煽り、謝罪に追い込んだ、日本の歴史も知らない左翼マスコミもありましたね。
    「チョン」は、江戸時代から使用された言葉で、帳簿を付けるときに下っ端が「ゝ(ちょん)」と書いた記し。明治初期に書かれた「西洋道中膝栗毛」にも見られる用例。
    「ちょんまげ」も駄目なんだろうね。「ゝ」に似ていることが由来なので。
    殊更に、「チョン」は外国人差別だ、人権問題だと、必要以上に煽る差別主義者のマスコミこそ、差別を具現化していることに気づかない。
    正確に日本の歴史・文化を勉強してから、糾弾しろと問いたい。

    話を戻します。
    >あなたがどういう「立場」の方かは存じ上げませんが、
    中国人と韓国人の店舗オーナーが先導している、正確な事実を知っていることから、地域の方だと容易に想像はつきますね。
    少なくとも、貴方の様なよそ者では無いことがわかります。
    誤解しないでくださいね。
    内の者より、外の者が正確な判断がなされる、傍目八目の格言も理解しております。
    事実に基づく正確な判断が肝心ですよね。

    >新長田再開発問題は誰かが・・・底の浅い問題ではありません。
    わずか数十名の店舗の意見しか報道しかしないNHKなどのマスコミや、その少数意見が区分所有者の総意だとの発言しかしない左翼政治家などのよそ者をケツもちに、この地域の数千名の住民を混乱させ、不当に資産価値を貶めることしか頭にない、底無しの深い深い問題でしたね。
    底の浅い問題ではありませんでした。

    わずか数十名の店舗が3セクを提訴したと、面白おかしく広言することは、報道マンの務めなのかは、門外漢なので知りません。
    しかし、社会の木鐸を称するのなら、公平な取材を基に、私利私欲のみの少数意見だけの声を聞くのではなく、大多数の意見を正確に、事実を余すことなく報道して欲しいものです。

    返信削除

コメントを投稿