2013年2月15日金曜日

“電子版絵日記”の愉しさ

昨日のブログに書いたdavinci noteには、
Bloggerへの投稿だけではなく、
無料で提供されるwebページにアップする機能もある。
当然ながらこちらの方が、
レイアウトをより忠実に反映してくれる。
根がこういうの好きだから、さっそく作ってみた。



ちょっと洒落た“電子版絵日記”の感覚である。

もともと30ちょっとの頃からおよそ15年間、
一日も欠かさず日記をつけてきた。
日々の仕事、考えたこと、映画の感想、酒や食べものの記録…
たいしたことは書かなかったが、それでも毎日、何かを書いた。
最初の10年は手書きの日記帳に書き連ね、
その後は愛用のMacのなかに移行した。
年毎に一日に書く量が増え、
パソコンを使うようになってからは
写真を入れた絵日記のようなものに変わっていった。

日記をつけるのをやめたのは、結婚が原因である。
油断をしていると、かみさんに読まれてしまうのである(笑)。
結婚前に好きだった女性のことなども書いていたから、
これは、やばい。
深夜に一人で日記をつけていると、
いつのまにかかみさんが横に来て覗き込んでいるから
落ち着かないことこのうえない。
結局、煩わしくなって、やめてしまった。
ほぼ同じ頃からブログを始めたが、
これはもちろん公開を前提にしたものであり、
当然ながら書く内容には一定の制約がある。

それが最近ちょっとまた変わった。
iPhoneで気軽にスナップ写真を撮るのが楽しくなって、
日々の雑事をiPhoneのなかに絵日記風に記録し始めたのである。
今年になってからのことで、
最初はTodaysPhotoというソフトに写真だけ貼り付けていたが、
その後、
ちょっとした文章をつけられるDay Oneというソフトを見つけ、
そちらに移行した。
ヨーロッパ旅行のときの
当たり障りない部分をちょっと公開すれば、こんな感じだ。
クリックで写真が拡大され、全文が表示される仕様だ。



こちらは非公開の自分用なので、覚書風に使っている。
もちろん、かみさんにも見せない(笑)。
ちなみにDay OneはiPadでも使えて、
iPhoneとiPadのどちらで書いても自動的に同期してくれる。
Day Oneは450円、TodaysPhotoは無料のソフトである。

絵日記を付けたり、
ブログやdavinci noteを書いたり、
その他にTwitterもやっているから、
なんだか頼まれもしないのに忙しくなった。
やっぱり、こういうことをするのが根っから好きなのだろう。
かみさんには、また呆れられるに違いない。

0 件のコメント:

コメントを投稿