ICU日記

仙台は雪の朝を迎えた。


ぼくは手術以来、集中治療室・ICUから出られないでいる。
術後の症状が重いから長引いているというわけでもなさそうだ。
(その証拠に、昨日も一往復200mの病院の廊下を歩いて20往復した。)
週末は事務職員が休んでいるので、
病棟への入院手続きをとることができないのではないかと“邪推”している。

ICUは9時に消灯で、
(実は一般病棟も同じなのだが、個室なら内緒で宵っ張りが可能)
インターネットが使えないので退屈である。
そのうえ隣には認知症が入ったお婆ちゃんがいて、
夜中に奇声を発するは
点滴のチューブを引っこ抜いて大騒ぎになるはで眠れない。
そのうえ
術後も体力にまかせて動いているうちに
硬膜外に入れていた麻酔のカテーテルがずれてしまい、
ヤクが切れた格好で激痛にのたうちまわるハメになった。
腹を切ったわけだから、これは当然、痛い。
つくづく思ったのは、
好き好んで腹を切るヤツの気がしれないということだ。
三島由紀夫は痛かっただろうな、とつまらないことを考える。

妻は昨日の手術の一部始終をモニターで見ていたが、
手術後に摘出した癌の現物を見ながら医師の説明を受けた。
「癌って赤褐色の花びらのような形」だったという。
癌は腸壁を通り越して裏側にまで出ていたそうで、
いまのところ目に見える転移は確認されていないが、
「癌の種」は既に飛び散っている可能性を無視できないだろう。
医師からは「6割の確率で抗癌治療が必要」という説明があったという。
…ハゲになったら嫌だな、俺は。
眩しいのが苦手なのでいつもサングラスをかけているが、
スキンヘッドにサングラスのいでたちで取材に行ったら、
どこか違う世界の住民に見られてしまいそうではないか。

妻が主治医に聞いた話では、
開腹してみたところ、虫垂が腫れていたらしい。
癌に盲腸炎を併発していたということだ。
改めて手術をするのも馬鹿馬鹿しいので取ってしまいましたという話で、
なんとなく得をした気分だ。
(病院も歳末謝恩セールかね。)
妻は先生に
「かなり腫れていましたが、
 ご主人は痛がりませんでしたか?」と訊かれ、
「あの人は…鈍いんです」と答えたそうだ。
そういう言い方はない、と思う。

鎮痛剤とともに腸の働きを活発にする薬を入れているので、
お腹がグルグルしている。
その割にガスも便も出ないから、腹が張ってしようがない。
妻に付き合ってもらって廊下を5往復して小休止。
これからもう5往復するつもりだ。

(iPhoneにて更新)

コメント

  1. ジョージ・クルーニー2012年12月9日 17:16

    とりあえず手術が無事に終わり、無痛性虫垂炎もとれて、おめでとうございます!

    返信削除
  2. ありがとうございます!
    あとはいつアルコール復帰できるかが最大の課題です。

    返信削除
    返信
    1. ジョージ・クルーニー2012年12月10日 2:42

      わかりました。また、ご一緒させてください。
      ともぞうの方が話しが面白いと思いますし、私は話術も無いのですが
      「和」術はある(と思う)ので、そばで飲ませてください。(笑)
      まだ月島のお勧めのお店に行けてないのです。

      削除
  3. ウエストポート マスター2012年12月9日 20:52

    手術日が丁度あの地震の日とも重なっていたので、密かに心配していました。術後も元気そうなので一安心です。今日のブログは面白い。声をあげて笑ってしまいました。

    返信削除
    返信
    1. ご無沙汰しています。
      ついにヤキがまわってしまいました。
      笑われているうちは安心…
      というコメディアンのような生活ですw

      削除
  4. > あの人は…鈍いんです

    いゃぁ・・・女って 怖いよね。
     無痛性虫垂炎みたいなものか?

     早く アルコール洗浄したいねぇ。?
      いやいや 安静が第一か?

      そうよ そうよ 
      これは 神様からの 強制休暇届けです。きっと。

    返信削除
    返信
    1. ぼくもこの際、
      開き直ってゆっくりするつもりでいますわ。
      ユックリしすぎて
      気がついたら定年だったというのが、ちとコワイ…

      削除
  5. ちょっと留守をしていた間に、すごいことになっていたんですね。
    無事に手術が終わったようで、何よりです。
    すぐ元通りになりますよ。頑張ってください。

    返信削除
    返信
    1. 「すごい」かどうかはいざ知らず、
      人生はなるようになりますw
      あ〜ァ、川の流れのように…♪

      削除
  6. 元気なのか元気張っていろのかよく分からないが、まあまあ無事に手術が終わってなにより、あれ以来ばあさんビールを断っている。身から出た錆とはいえ大変だったな、一日も早く本の仕事に戻れるよう祈っている、
    これから女房の完全な管理下に入ること、仕方がない観念することだ。
    「森以蔵(焼酎)」を貰ったので帰ってきたときに一緒に飲もうと封を切らずに保管しているが、仕方がない一人で頂くことにした、

    返信削除
    返信
    1. 本当に元気だから、
      かまわん、ビールを飲めと伝えてくれ。
      森以蔵…?
      冗談じゃないぞ、俺が帰るまで待て。
      年明けには(調子を見ながらだが)神戸取材の予定。
      ついでに広島に寄るから…。

      削除

コメントを投稿