新しいDALIのスピーカー

我が家はいま“プチ改装”のまっただなかである。
もともと5年前にマンションを買ったとき、
頭金やらなんやかやで資金を使い尽くし、
(もともとぼくには貯金が一銭もなかった…)
内装や家財道具までは目がいき届かなかった。
それが5年経って、
当時買ったソファが、
表面は擦り切れ、クッションはへしゃげ、
買い直さなければならなくなったところから
“プチ改装”計画が始動したのである。
ソファを買い替えた妻は、
今度は部屋の照明を一新したいと言い出した。
なにせ我が家には専属の「匠」がいるので、
(妻の妹の亭主は気鋭の建築家である)
図々しく頼み込んで
リビングの照明をデザインしてもらったわけだ。

さすがにプロのデザインとあって、
テレビの陰に照明を設置して壁を照らし出し、間接照明の効果を活かそうなどは見事なものだ。
しかし、照明がいいものになりそうだとなると、
今度は他の家財のデザインに一貫性がないのが気になり始める。
オーディオ好きのぼくはテレビの横に「yoshii 9」という筒型のスピーカーを設置していたのだが、
その武骨なデザインが部屋に合わないと妻のブーイングが激しくなった。
そこで、改めて黒いピアノ塗装のトールボーイ型スピーカー「DALI Tower」を購入することにして、
新宿ヨドバシカメラで「価格.com」の情報をちらつかせながら値切りに値切って買ったのがきょう届いた。
写真でテレビの傍らに設置してあるのがそれで、確かに部屋の雰囲気にとてもマッチしているようだ。

いままで使っていたyoshii 9はアンプ一体型のスピーカーだったので、今度は別途アンプが必要になる。
そこで釧路の自宅で使っていたAccuphaseのe406を東京に持ってきて使うことにした。
(ついでにCDプレイヤーも釧路で使っていたmarantzを一緒に送った。)
e406はもう15年も前のアンプだが、当時38万円くらいしたもので、
こーゆーことに金を使っていたから貯金がまるでなかったというオチになるのだが…(汗)。

DALIはデンマーク製のスピーカーで、デザインは如何にも北欧らしい洗練されたものだ。
肝心の音は、徒にhi-fiを追求せず、音楽の芯をがっちり掴んで伝えるというタイプ。
大好きだったALTECや釧路で鳴らしているTANNOYとも一脈通じる、ぼく好みのスピーカーである。
Accuphaseのアンプの色づけを排した端正さとは、性格が違うだけに、却って相性がよさそうな気がする。
まだまだエージングはこれからなのだが、
我が家で酒を飲む愉しみがちょっとばかり増えた気がする。

コメント

  1. ダリっつうわりには蕩けた形をしてないスピーカーですなw

     あ、ちなみに私もアキュユーザーです。C245とP370を使ってるです。セパレートにしたのはその方がマトリックス接続しやすいからでした(SPは自作)。

    返信削除
  2. >僻地外科医先生

    先生の「自作スピーカー」というのもなんだか凄そうですね。
    アキュで駆動しているところから見ても、
    きっと凝りに凝りまくったものなのでしょうね。
    長岡鉄男型のマトリックス・スピーカーとか…

    きょうは旭川(寒かった)を経由して札幌に入ったところです。
    これから、すすきのに出撃です。

    返信削除
  3. >長岡鉄男型のマトリックス・スピーカーとか…

     同じ長岡式でもバックロードの方ですw(D-37)。あ、あとリアにリアカノンIIを。D-37はもう10年近く使ってますね。
     アキュのE407もアンプ更新の時に考慮したのですが、内部でブリッジ接続されているので断念しました(ちなみにその前に使っていたのはユニゾン・リサーチのsymply 4という真空管アンプ。これはなかなかのアンプでした)

     マトリックスは昔モニター(ソニーのプロフィール)に繋いでいたんですが、現在は単なるオブジェになりはてています。..

    返信削除
  4. バックロードホーン…この懐かしい響き!
    最近はあまり見かけなくなってしまいましたが、
    かつては自作派の定番中の定番ともいうべきシステムでしたね。
    (確かビクターが製品化していたように記憶しています。)
    で、やっぱりユニットはフォステクスでしょうか?

    ところで。
    ぼくはユニゾン・リサーチ ユーザーでもあります…w。
    型番は忘れましたがEL34を使った球アンプが、
    いまは息子の部屋で鳴って(というか、ほとんど死蔵されて)います。

    …先生とぼくは前世でなんらかの因縁があったのでしょうか(爆)。

    返信削除
  5. 僻地外科医2009年10月23日 7:27

     バックロードに使えるユニットは現在はフォステクスしか無いですからね(以前はテクニクスがありましたが)。予備のユニットも死蔵してます(苦笑)。
     メーカー製バックロードの代表というともともとはTANNOYですが、あまりに高価で手が出ず自作してましたw

    >型番は忘れましたがEL34を使った球アンプが、

     あ~、もし買ったのが15年ぐらい前なら、たぶん私の使っていたのと同じか、その下位機種でしょう。EL34を4本使っていればsymply 4、2本使っているならsymply 2です。

     デザインが美しいのでインテリアとしても映えるアンプですね。
    http://www.mat-hifi.co.jp/amp/unison.research.simplyfour.htm
    ↑がsymply 4でこれは廃番になってます。
    symply 2は復刻されて今も販売されているようですね。

    返信削除
  6. >僻地外科医先生

    いま札幌なので確認できないのですが、球は2本のような気が…。
    ちなみに釧路で鳴らしているTNNNOYですが、
    バックロードホーンではありません…w

    フォステクスは
    自作用の安価なスピーカー・ユニットを作っている
    マイナーなメーカーだと内心軽く見ていた時期があります。
    しかし、流行に左右されない実力派のメーカーだと認識を新たにしたのは、
    数年前、NHKのモニター・スピーカーに制式採用されてからです。
    それ以前のNHKは
    ミキシングルーム毎に違うモニターが使われているという不思議な状態で、
    JBLやいろんなメーカー(主に海外)のものが使われていましたが、
    端正でありながら力強さを持つフォステクスが一番いいように思います。
    その技術を活かして作った民生用のスピーカーがヒットしているようですが、
    いや、大変いい音で鳴りますね(今回ついでに視聴した)。
    モニターの血を引く、
    折り目正しい、それでいて音楽の心を熱く伝えるスピーカーです。
    (部屋に合う黒のエンクロージャーがあれば、今回購入した可能性大。)

    アキュフェーズや
    ぼくがカメラで愛用しているシグマなんかもそうですが、
    技術力勝負の中小メーカーがきちんと頑張っているのは嬉しいものです。

    返信削除
  7. TNNNY→TANNOY 失礼しました…

    返信削除
  8. >自作用の安価なスピーカー・ユニットを作っている
    マイナーなメーカーだと内心軽く見ていた時期があります。

     フォステクスはメーカー名ではなく「自作用のユニットもだしている」フォスター電機のブランド名で、フォスター電機は本来はテレビなどのAV製品にユニットや電子・電気部品を提供しているメーカーです。
     昨今のテレビなどに入っているスピーカーユニットのかなりの割合がフォステクスのはずです。

     また、他社スピーカーシステムにもユニット提供をしており、有名どころでは超高級スピーカーのウィルソンオーディオなんかもフォステクスのユニットを採用しています。(SYSTEM 7のユニットを見ると一発でフォステクス製だと分かるものがあるという・・・w)

    返信削除

コメントを投稿